妊活中の食事方法まとめ

妊活中の食事療法とは?

妊活中でけどなかなか子どもが授からずに焦る気持ちもあるかもしれませんがまずは健康的な体にすることで妊娠しやすい体に作り替えてあげましょう。

 

妊娠に必要なのは、健康的な体にしてあげることです。

 

そのために食事の見直しや適度な運動をすることで健康的で妊娠しやすい体に変わります。

 

妊活中や妊娠初期の場合

 

妊活の場合は摂取しない食べ物(控えるなど)や摂取するべき物を知ることが重要です。

 

摂取しないほうが無難な食べ物(飲み物)
・生肉などの生系
・コーヒー(カフェイン多い飲み物)
・インスタント系(カップラーメンなど)
・冷たい飲み物

 

生肉などの生系

妊活中だからといって生肉などは食べていませんか。
もし食べているなら控えるほうがいいです。理由としては食中毒の原因になるからです。
万が一、妊娠したとしても生肉で女性が倒れてしまっては本末転倒です。

 

病気や危険だと思うことは控えたほうがいいでしょう。

 

コーヒー(カフェインの多い飲み物)

コーヒーに限ったことではありませんが、カフェインの多い飲み物は流産のリスクが非常に高くなります。
ノンカフェインもあるのでそちらに変更するなど対策が必要です。

 

インタンスト系(カップラーメンなど)

インタンスト系は手軽にできるのでつい頼ってしまいますが、栄養もあまりないですし体に悪いので控える方がいいでしょう。
過度に摂取している場合妊娠高血圧症候群のリスクが高くなるので注意です。

 

冷たい飲み物

体を冷やすと血行が悪くなるので、温かい飲み物で体の血行をよくしてあげることがよいです。

 

摂取すべき食べ物

妊活中や妊娠初期の間は、葉酸を含んでいる食べ物を摂取するようにするといいです。

 

葉酸の食べ物は
・ほうれん草
・ブロッコリー
・モロヘイヤ
・枝豆や納豆などの大豆製品

 

といった食べ物になります。また葉酸はサプリメントでもたくさん販売されているので比較的入手しやすいのでオススメです

 

運動をする

専業主婦の方だとなかなか外に出る機会もすくないでしょうし、最悪の場合家事の時しか動かないって方もいていると思います。

 

ちょっとした運動でも変化はあります。
例えば、スーパーが近いなら歩いていくとかできるところから始めるといいです。