妊活中の食事方法まとめ

妊活は食事制限した方がいいのか?

妊活中は食事に気を使うことは非常に重要なことになってきます。

 

妊活時だけでも食事制限はした方がいいのか?を解説していきます。

 

 

妊活中は加熱が不十分な肉は避ける方がよい

 

胎児ができた際に、女性が食中毒になる可能性があるため加熱が不十分な肉は避けた方がよいでしょう。

 

肉を食べる際はしっかり焼いてからたべるようにしましょう。

 

レアステーキ・生ハム・ナチュラルチーズ・スモークサーモンなど

 

 

妊活中はインタンスト系は控えるべし

 

カップラーメンなどのインタンスト系は手軽で簡単に食べ物を摂取することができますが、たまにであれば、さほど問題はないとは思いますが、頻繁になってくると妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります、

 

また、必要な栄養を摂取できないので男女ともに妊活中の間は控える方がよいでしょう。

 

カフェインの入った物

カフェインの入った飲み物
コーヒー、 エナジードリンク、眠気覚まし飲料、煎茶など

 

妊婦がカフェインの入った飲み物を摂取してしまうと流産する可能性があると言われています。

 

どうしても摂取したい場合は、カフェインレスコーヒーやたんぽぽコーヒー、ルイボスティなど、カフェインフリーの飲み物といった物があります。
ですが、過度な摂取は禁物です。

 

冷たい食べ物

冷たい食べ物は体を冷やす原因になるためなるべき控えた方がよいとされています。

 

冷たいジュースやアイスクリーム、かき氷など

 

アルコール

妊娠中にアルコールを摂取してしまうと胎児に悪影響があるためアルコール飲料が入ったものはやめましょう。

 

妊娠してすぐはやめることが難しいと思いますが、なるべく妊娠中は禁酒の方向にもっていくようにしてくださいね。