妊活中の食事方法まとめ

妊活中や妊娠中は生の魚はダメと耳にしたことは1度はあるのではないでしょうか。

 

では、出産するまで刺身が食べれないの!?と心配になる方も多いと思いますのでこちら食べれる魚、食べるのは危険な魚をご紹介します。

 

まず、なぜ魚が食べたら危険と言われているのかについてお答えします。
自然界にある海の中には水銀を含んでいるためです。
水銀とは体に良くない物質なのは知ってる人も多いと思いますが、体が大きい魚は気をつける必要があります。

気をつける必要のある魚

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチなどです。

 

なぜ、体が多き魚は気を付けなければならないのか?小魚を大量に食べているからです。
例えるならクジラだと大量な小魚を食べますよね。つまり、それだけ水銀を含んでいる魚を食べている可能性が高いということです。

 

水銀を一気にクジラの体内に集めるわけですから濃度も増すわけですよね。

 

とクジラで例えてみました。

 

特に注意しなくても大丈夫な魚

 

ツナ缶、サンマ、サバ、イワシ、サケ、ブリ、カツオであれば特に注意は必要ないと言われています。
こちらの方が身近な魚ですし覚えておくと良いでしょう。

 

妊娠してなくても危ないんじゃ?

成人が水銀を摂取しても微量の水銀なんで排出する機能が備わっているため上記で危険とされている魚を食べても問題はありませんが、妊娠している場合だと母親は水銀の排出の機能は備わっていますが、胎盤にいてる子供には排出の機能が備わっていないためダイレクトの水銀を吸収してしまいます。

 

子供が水銀を取り込んでしまえば、神経の発達に影響がでるという報告もあります。つまり、障害を持ってしまう可能性が非常に高くなってしまうので気を付けてあげてくださいね。
大変な思いをするのはその子供ですので!

続きを読む≫ 2019/08/18 12:09:18

妊活中でけどなかなか子どもが授からずに焦る気持ちもあるかもしれませんがまずは健康的な体にすることで妊娠しやすい体に作り替えてあげましょう。

 

妊娠に必要なのは、健康的な体にしてあげることです。

 

そのために食事の見直しや適度な運動をすることで健康的で妊娠しやすい体に変わります。

 

妊活中や妊娠初期の場合

 

妊活の場合は摂取しない食べ物(控えるなど)や摂取するべき物を知ることが重要です。

 

摂取しないほうが無難な食べ物(飲み物)
・生肉などの生系
・コーヒー(カフェイン多い飲み物)
・インスタント系(カップラーメンなど)
・冷たい飲み物

 

生肉などの生系

妊活中だからといって生肉などは食べていませんか。
もし食べているなら控えるほうがいいです。理由としては食中毒の原因になるからです。
万が一、妊娠したとしても生肉で女性が倒れてしまっては本末転倒です。

 

病気や危険だと思うことは控えたほうがいいでしょう。

 

コーヒー(カフェインの多い飲み物)

コーヒーに限ったことではありませんが、カフェインの多い飲み物は流産のリスクが非常に高くなります。
ノンカフェインもあるのでそちらに変更するなど対策が必要です。

 

インタンスト系(カップラーメンなど)

インタンスト系は手軽にできるのでつい頼ってしまいますが、栄養もあまりないですし体に悪いので控える方がいいでしょう。
過度に摂取している場合妊娠高血圧症候群のリスクが高くなるので注意です。

 

冷たい飲み物

体を冷やすと血行が悪くなるので、温かい飲み物で体の血行をよくしてあげることがよいです。

 

摂取すべき食べ物

妊活中や妊娠初期の間は、葉酸を含んでいる食べ物を摂取するようにするといいです。

 

葉酸の食べ物は
・ほうれん草
・ブロッコリー
・モロヘイヤ
・枝豆や納豆などの大豆製品

 

といった食べ物になります。また葉酸はサプリメントでもたくさん販売されているので比較的入手しやすいのでオススメです

 

運動をする

専業主婦の方だとなかなか外に出る機会もすくないでしょうし、最悪の場合家事の時しか動かないって方もいていると思います。

 

ちょっとした運動でも変化はあります。
例えば、スーパーが近いなら歩いていくとかできるところから始めるといいです。

 

続きを読む≫ 2019/08/18 12:09:18

妊活中の女性は、男性よりも食事に気を付けなければなりませんが、いったいどういった物を積極的に食べた方がいいのかご存知ですか。

 

食生活を変えることで妊娠しやすいからだにすることもできるので是非チェックしてみてくださいね。

 

妊娠しやすい体作りを食事

 

妊娠しやすい体作りを食事から作って行くことが可能です。
食材の持つ栄養や食べ方に目を向けることで妊娠しやすい体にしましょう。

 

不飽和脂肪酸を摂取できる食事

不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らすことができて、免疫力の向上に役立つもので妊娠力を上げるために必要な栄養素になります。

 

不飽和脂肪酸は、サバ、イワシ、ブリといった魚に多く含まれています。
また、オリーブオイル、ごま油、えごま油にも含まれており植物由来の油に多く含まれています。

 

植物油は熱するよりも、サラダのドレッシング変わりにすると効果的です。

 

妊活中や妊娠初期

 

妊活中や妊娠初期に大切な栄養素が葉酸を積極的に取るといいとされています。

 

葉酸を多く含んでいる食べ物は
・ほうれん草
・ブロッコリー
・モロヘイヤ
・枝豆や納豆などの大豆製品
・いちご

 

が挙げられます。
朝に納豆を食べるだけでも効果的ですが、毎日はきついという方は葉酸サプリメントもあるので比較的手軽に摂取することができます。

 

葉酸が取れるメニューが以下になります。

 

ツナとほうれん草と生姜のお粥
(引用元:https://cookpad.com/recipe/5728658

 

材料 (2人分)

冷凍ご飯200g
ツナ缶(大豆油漬け)1缶
ほうれん草2枚
創味シャンタン 2g(3cm)
オイスターソース 小さじ1
魚粉小さじ1/2
塩適量
生姜 1片

 

詳しくは⇒https://cookpad.com/recipe/5728658

 

葉酸たっぷりケールのサラダ
(引用元:https://cookpad.com/recipe/5333592

 

材料 (4〜5人分)

やわらかケール1束
紫キャベツ2枚
ミニトマト1袋
■ ドレッシング
オリーブオイル 大さじ5
酢大さじ3
塩胡椒少々
かぼす絞り汁1個分

 

詳しくは⇒https://cookpad.com/recipe/5333592

 

続きを読む≫ 2019/08/18 12:09:18

妊活中は食事に気を使うことは非常に重要なことになってきます。

 

妊活時だけでも食事制限はした方がいいのか?を解説していきます。

 

 

妊活中は加熱が不十分な肉は避ける方がよい

 

胎児ができた際に、女性が食中毒になる可能性があるため加熱が不十分な肉は避けた方がよいでしょう。

 

肉を食べる際はしっかり焼いてからたべるようにしましょう。

 

レアステーキ・生ハム・ナチュラルチーズ・スモークサーモンなど

 

 

妊活中はインタンスト系は控えるべし

 

カップラーメンなどのインタンスト系は手軽で簡単に食べ物を摂取することができますが、たまにであれば、さほど問題はないとは思いますが、頻繁になってくると妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります、

 

また、必要な栄養を摂取できないので男女ともに妊活中の間は控える方がよいでしょう。

 

カフェインの入った物

カフェインの入った飲み物
コーヒー、 エナジードリンク、眠気覚まし飲料、煎茶など

 

妊婦がカフェインの入った飲み物を摂取してしまうと流産する可能性があると言われています。

 

どうしても摂取したい場合は、カフェインレスコーヒーやたんぽぽコーヒー、ルイボスティなど、カフェインフリーの飲み物といった物があります。
ですが、過度な摂取は禁物です。

 

冷たい食べ物

冷たい食べ物は体を冷やす原因になるためなるべき控えた方がよいとされています。

 

冷たいジュースやアイスクリーム、かき氷など

 

アルコール

妊娠中にアルコールを摂取してしまうと胎児に悪影響があるためアルコール飲料が入ったものはやめましょう。

 

妊娠してすぐはやめることが難しいと思いますが、なるべく妊娠中は禁酒の方向にもっていくようにしてくださいね。

続きを読む≫ 2019/08/18 12:08:18

妊活中の食事のメニューってどうしたらいいんだろうと思う方も多いと思います。

 

食事のメニューを改善することで今まで妊娠できなかったのに改善することできたという方は少なくありません。

 

それほど、食事のパワーはすごいので、妊活中はどういった食事メニューにした方がいいのかをご紹介していきます。

 

 

食事のメニューで気にしておくこと

妊活中に食事で気にしておくことは5大栄養素をまんべんなく取るということです。

 

変に偏ってしまってはあまり効果がありませんので、バランスよくとることがポイントになります。

 

5大栄養素とは、「炭水化物」「脂肪」「タンパク質」「無機質」「ビタミン」です。

 

妊活の専門家で食事指導されている方の話では、野菜:タンパク質:炭水化物=2:1:1が理想の食べ方と言われています。

 

野菜

緑、黄色、赤、白、黒、紫、橙の7色に分類されていますが、その時期に旬なものを摂取するといいです。

 

 

炭水化物

主な炭水化物は、白米、玄米、うどん、パン、パスタ、いもなどがあります。

 

炭水化物は、白米よりも玄米となるべく茶色いものを選ぶようにしましょう。

 

タンパク質

「肉」「魚介類」「卵」「大豆製品」の4種類があります

 

肉・・・牛肉、豚肉、鶏肉など
魚介類・・・カツオ、ホタテ、アサリなど
大豆製品・・・納豆、豆腐系など

 

食事の摂取方法

 

  1. 主食(ごはん、パン、めん、いも)
  2. おかず(肉、魚、卵、大豆製品)
  3. 野菜
  4. くだもの
  5. 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)

 

主食・おかず・野菜を毎食食べるようにします。くだもの・乳製品を1日1回朝、昼、晩のどこかの時間帯に摂取するようにしましょう。

 

これらを意識して取ることで5大栄養素は比較的簡単に摂取できるようになります。

 

妊活中の食事メニュー

 

妊活ごはん サバ缶と納豆の簡単うどん
(引用元:https://cookpad.com/recipe/5608694

 

材料 (一人分)

サバ缶1缶
納豆1パック
キムチ大さじ2杯
オクラ4本
冷凍うどん一人分

 

詳しくはこちら⇒https://cookpad.com/recipe/5608694

 

妊活レシピ☆長芋アボカドサラダ
(引用元:https://cookpad.com/recipe/5419216

 

材料 (2人分)

長芋 20センチ
アボカド半分
ハム2.3枚
水菜適量
醤油適量
ワサビ適量
胡椒適量

 

詳しくはこちら⇒https://cookpad.com/recipe/5419216

 

妊活?ツナとほうれん草と生姜のお粥
(引用元: https://cookpad.com/recipe/5728658

 

材料 (2人分)

冷凍ご飯200g
ツナ缶(大豆油漬け)1缶
ほうれん草2枚
創味シャンタン 2g(3cm)
オイスターソース 小さじ1
魚粉小さじ1/2
塩適量
生姜 1片

 

詳しくはこちら⇒https://cookpad.com/recipe/5728658

続きを読む≫ 2019/08/18 12:08:18

妊活中に女性だけでなく男性もの食べる物に気を付けなければならないということはご存知でしょうか。

 

食事から得られるものは大きく、男性ホルモンを増強する食べ物や精子の運動能力を高める食べ物といろいろあるわけです。

 

妊活中に男性に積極的に食べてほしい食事をご紹介していきます。

 

妊活中に女性に積極的に食べてほしい食事

 

性的機能の正常に保つ食べ物

 

男性の性的機能を正常に保つためにも亜鉛を含む食べ物は必要不可欠になります。

 

亜鉛を摂取することで男性の前立腺・性腺や精液に高い濃度・性的な機能を正常に保つ力を高めてくれる効果があります。

 

亜鉛を含む食べもの

 

カキ
ホタテ
ズワイガニ
カラスミ
豚レバー
牛赤身肉
玄米
納豆
など

 

亜鉛不足になりがちな方は?

過度なダイエットをしていたり、ベジタリアンな方は亜鉛不足になっているの可能性が非常に高いと言えます。
たんぱく質である肉・魚を摂取することが低いため亜鉛不足になっているからです。またインスタント食品やお菓子といったものを多く食べる方も亜鉛不足になっている可能性が高いと言えます。

 

男性ホルモンを増強する食べ物

 

男性ホルモンを増強する食べ物には、昔から「精がつく」と言われる食材が多数ありますよね。

 

その中でも精がつきやすい食べ物以下になります。

 

牛肉
豚肉
カツオ
大豆

タマネギ
ネギ
ニラ
ニンニク
にんじん
せり
みつば
パセリ
セロリ
ブロッコリー
大根
キャベツ
ザクロ
山芋
など

 

があげられます。

 

これらを摂取することで精子の数や運動量に変化がで始ます。

 

例えば、
・カツオといった魚にはセレンという成分が含まれており、セレンは、精子の数や運動量に変化与えてくれたり
・にんじんには、テストステロンという成分が含まれており、精子のサポートをしてくれます。女性でいうところの大豆イソフラボンのような働きしてくれます。

 

まとめ

妊活中に男性に積極的に食べてほしい食事をご紹介させてもらいました。
また精子の活性化以外にも妊娠サポートグッズを使用することで妊娠の可能性を高めることもできるので積極的に使っていきましょう。

 

続きを読む≫ 2019/08/18 12:03:18